保険の無料相談で保険の見直ししませんか?

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料(収入)のいい保険ばかりを提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、相談者本意ではなく、A社に対する対抗心で提案をしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険内容の確認だけでも相談可能です。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

CMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を利用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPなど平均レベルが高いことが多い点です。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という案内文も自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉などの景品プレゼント」というキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談サービスが増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというようなトラブルの経験や話を聞いたことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保険内容で加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういったトラブルがあった時には弁護士を頼ってみてください。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときに支出を減らしやすい簿はどの項目でしょうか。

まず思いつくのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできることならそのままにしたいですよね。

そうすると次に考えるのが、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」ともどちらとも言えない状態です。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって選んだ結果、環境が変わって月々の料金が厳しい、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用しましょう。

契約した時と現在では収入や将来への希望などは変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を発見できたという話も多いです。

新しくなにかを始める際はみなさんどうしていますか?多くの人は最初にネットで調べることから始めると思います。

保険の見直しをしようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

街中に店舗を構えているわけではないので相談者の都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

ライフプランなどを色々、聞くので落ち着いて話ができる自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく噛み砕いて説明してくれるようなので安心ですね。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるという販促活動をするのは禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に入院などをした際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただし、毎年接種しているワクチンについては適用外になりますので若いペットで病気にかかる可能性が低いと考えている場合は必要ないという方もいます。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

引用:【保険見直し】あなたに合った保険をプロがアドバイス!【相談無料】