クレジットカードとETCカード一体型のデメリット

ETCカードでクレジット機能一体型のカードもあります。
心配なのは、ETC車載器にさしっぱなしにしているときに車上荒らしに遭った場合、クレジットカードと一体型の場合、悪用された時のダメージが大きくなってしまいます。
セパレートタイプなら、ETCカードそのもので、ショッピングに利用することはできません。
クレジットカードなら勝手にショッピングに使われたり、悪用されるリスクが高くなってしまいます。
めったに使わないけれど、あったら便利というレベルのユーザーなら、一体型も管理が楽で良いかもしれません。
けれども、ETCカードを良く使う場合には、クレジットカードとセパレートでカードを作った方が使い勝手も良く、リスクも下げることが出来るでしょう。